西宮市の婦人科で不妊治療は、まりウィメンズクリニック
HOME>性感染症(STD)

性感染症(STD)

性感染症とは

手をつなぐ二人のイメージ 性感染症(クラミジア、ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス、淋菌)に感染した女性でも、おりものに変化が見られることがあります。パートナーと同時に治療をお受けになることをおすすめいたします。
性感染症(STD)とは、セックスによって感染する病気の総称です。
性感染症は、特別な病気ではありません。
セックスで感染する病気なんて自分には関係ないと思っていませんか?
確かに“特別な病気”というイメージがあるかもしれません。しかし最近、性感染症は増加傾向にあります。
この病気の原因はウイルスや細菌など様々で、たった1回のセックスでも感染してしまう可能性があります。
決して他人ごとではありません。

おかしいと感じたら、早めの診察を

性感染症にかかると、まずたいてい、おりものに変化があらわれます。その他、外陰部の痛みやかゆみ、できものなどがあれば感染の可能性は高いでしょう。
日頃からおりものの色や量などをチェックして、おかしいと感じたら早めに診察を受けるようにしましょう。
「恥ずかしいから…」とそのまま放っておくと、知らず知らずのうちに進行してしまい、不妊症の原因になったり、妊娠している場合は赤ちゃんに危険が及ぶことがあります。
性感染症は、おりものや血液の検査によって診断することができます。治療には膣坐薬や軟膏、内服薬などを使用します。病気によっては治りにくいものや再発をくり返すものもありますので、完全に治るまで10日~2週間、長いものだと数ヵ月程度、医師の指示に従って根気よく治療を行います。

問い合わせ