西宮市の婦人科で不妊治療は、まりウィメンズクリニック
HOME>避妊相談

避妊相談

避妊相談について

二人の影のイメージ 低用量ピル、緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)の処方は随時可能です。内服中は年に1回の血液検査とがん検診をおすすめしています。
基本的には内診なしでも処方可能なので、お気軽にご相談ください。
IUD(子宮内避妊具)も取り扱っております。

ピルってどんなもの?

ピルは女性ホルモンを含んだ経口避妊薬です。女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があり、卵巣から分泌されています。つまりこれらはもともとからだの中にあるものなのです。
プロゲストーゲン(黄体ホルモン)、エストロゲン(卵胞ホルモン)の配合剤であるピルを飲むことで、排卵がおこらず、子宮の入り口の粘液も変化させ、精子が入りにくくなります。また万一排卵があっても子宮内膜に変化がおきて受精卵が着床しずらくなります。
他の避妊法と比べて避妊効果がとても高いものです。
現在のピルは副作用も少なく飲みやすく、女性が自分で避妊をコントロールできますが、毎日1錠ずつ飲み忘れないように飲むことがとても大事です。

IUD(子宮内避妊具)

IUDは子宮内避妊具で、リングなどとも呼ばれます。子宮内にポリエチレンなどでできた小さな器具を挿入し、主に精子と卵子の受精を妨げたり、着床を防いだりすることによって避妊ができます。きちんと装着できていれば、数年はそのままで避妊ができるもので、避妊効果としてもピルの次に高く避妊率も95パーセントと効果的です。女性が自主的に避妊できて、特に銅がついているIUDは、従来のものに比べてより効果や安全性に優れています。

問い合わせ