西宮市の婦人科で不妊治療は、まりウィメンズクリニック
HOME>妊婦検診

妊婦検診

妊娠健診について

妊婦のイメージ 当院は分娩を取り扱っておりませんが、産院と提携しながら、主に妊娠初期の方の妊婦検診を行っております。妊娠中に起こる様々な身体的悩みの相談もお受けいたします。また男女産み分けに関する相談、タイミング指導を行っています。不安な点があれば検診時にどんどん質問してください。

母子健康法によると、原則として妊娠27週目までは4週間に1回の検査を、28~35週は2週間に1回、それ以降は出産まで1週ごとと決められています。妊娠12週目から36週目までは通常の検診(血圧測定、尿検査)の他、超音波検査を毎回行い、胎児異常の早期発見に努めます。特に超音波診断装置による胎児体重の測定や、羊水量の測定は胎児仮死の診断に欠かせない検査です。

妊娠の初期症状
生理が遅れる

予定日を2週間過ぎても生理が始まらない場合には、妊娠の可能性が高くなります。気付いたときに検査をおすすめします。

つわりがある

だいたい妊娠4ヶ月頃にはおさまりますが、早い人で、生理予定日頃からつわりは始まります。特に早朝空腹時に、吐き気やムカツキを感じ、ニオイにも敏感になります。時期や症状、程度などは個人差が大きいといわれています。

乳房に変化がある

生理予定日を過ぎたあたりから、乳房全体が張ってきます。また乳首が黒ずんだり、痛くなったりすることもあります。

微熱がある

生理予定日頃から熱っぽく、体がだるいと感じます。基礎体温が高温期のまま続きます。

おなかが張ったり、便秘がちになる

妊娠の維持のために、腸の運動が抑えられ、便秘になります。また大きくなった子宮に腸が圧迫され、さらに便秘がちになってしまいます。これらの症状は、排卵後から妊娠期間全般にわたってみられます。

問い合わせ