西宮市の婦人科で不妊治療は、まりウィメンズクリニック
HOME>不妊外来

不妊外来

不妊症とは
上を見上げる女性のイメージ

当院では検査やタイミング指導から人工授精(AIH)まで対応いたします。不妊治療にためらいがある方のご相談にも応じます。必要に応じて、高度不妊専門施設へのご紹介もさせていただきます。

不妊症とは避妊をすることなく、一定の期間経っても妊娠しない状態のことをいいます。健康な夫婦が避妊しなければ2年以内に約90%の方が妊娠するので、日本では2年以内に自然に妊娠しなかった方を不妊症と呼んでいます。一度も妊娠したことがない場合を原発性不妊症、過去に妊娠したことがあるものの、その後妊娠しない場合を続発性不妊症と呼びます。
一般的に女性は年齢と共に妊娠率が低下してきますので、各自の年齢を考慮する必要があります。

不妊症の原因

不妊症の原因としては2つ分かれており、男性側と女性側によるものが考えられます。女性側によるものがおよそ1/3、男性側1/3、両者によるものが1/3と一般的に言われており、決して原因が女性側に多いというものではありません。
男性側の原因の多くは、精子が少なかったりと、精子に関する原因が殆どなのに対して、女性は卵巣、卵管、子宮などさまざまなところで原因を有することが多いのです。したがって、その原因の究明がとても大切なことなのです。

タイミング指導

タイミング法(周期療法)は、排卵の様子をみて夫婦生活をすることで、妊娠を目指す方法のことをさします。月経の周期には個人差がありますが、妊娠するタイミングは排卵にあわせて精子を送り込むことです。実際の排卵のタイミングを知るには以下の2つの方法があります。

排卵の日よりも、排卵の直前から1~2日おいて2~3回夫婦生活をするのがいいでしょう。また、排卵日まで夫婦生活をしないと古い精子が当たらしく作られる精子の足をひっぱるとも考えられています。ですので、時々夫婦生活をしておくことがこの時期にベストコンディションを整えるコツです。なお、タバコやアルコールは悪影響を与えるので控えるようにしておきましょう。

人工授精

人工授精とは、「授精を目的として精子を人工的に女性性器内へ注入する方法」のことをいいます。現在では専門クリニック以外でも広く行われているこの治療法の歴史は、意外と古く、1799年に英国で最初の妊娠が報告され、日本では1949年に最初の人工授精が行われました。人工授精の妊娠率は、原因別に分類した厳密なものは見あたりませんが、「人工授精1回あたり5~10% 治療を受けた人あたり15~20%」という数値が平均的であり、思ったほど高いものではありません。また人工授精をすればだれでもすぐに妊娠するというわけにはいきません。

人工受精(AIH)が適応される場合
ボーダー下の画像
問い合わせ