西宮市の婦人科で不妊治療は、まりウィメンズクリニック
HOME>子宮がん検診

子宮がん検診

子宮がんとは?
  子宮がんには子宮の入り口(頸部)にできる子宮頸がんと子宮本体(体部)にできる子宮体がんがあります。
子宮頸がんと子宮体がんは発症する場所だけでなく、その原因やなりやすい年代も異なります。
がんというと中高年の病気というイメージがあるかもしれませんが、子宮頸がんは、最近20~30歳代の若い女性に急増しています。
HPVというウィルスが原因
HPVは防げるの?
定期的に検診をうけましょう

子宮頸がんは定期的に健診をうけていれば、がんになる前の段階(異形成)で発見することができます。
この異形成の段階で治療を行えば、子宮を摘出することなく完治できるので、その後の妊娠や出産にもほとんど影響がありません。
つまり、子宮頸がんは自分自身で防ぐことができる病気なのです。
欧米の女性は、子供のうちからHPV検査を受けるよう教育されているので、ほとんどの女性が定期的に健診を受けています。
ところが、日本の女性は健診を受けていない人が多く、欧米と比べて子宮頸がんによる死亡率が高まっています。
検診を受けていなかったため子宮頸がんになってしまうなんて、残念なことだと思いませんか?
当院では子宮頸がん、子宮体がんどちらの検診も可能です。(西宮市子宮頚がん検診実施指定病院です)進行するまで自覚症状がでにくいといわれている卵巣がんについては、超音波検査などでチェックいたします。

問い合わせ