西宮市の婦人科で不妊治療は、まりウィメンズクリニック
HOME>更年期障害

更年期障害

更年期とは

老人のイメージ 更年期は一般的に閉経前後の10年間をいいます(45~55歳くらい)。
更年期になると卵巣の機能が次第に低下し、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が減少するためにさまざまな不調が起こってきます。
主な症状はのぼせ・ほてり・手足の冷え・不眠・不安感などですが、症状の出方は様々です。漢方治療、ホルモン補充療法(HRT)など症状にあった治療を行います。

更年期障害について

更年期は生活や精神面での変化が重なる時期でもあり、それらのいろいろな原因が組み合わされることにより症状が出やすくなります。
その症状が日常生活に支障をきたす程度であればそれを更年期障害とよびます。
ある調査によると日本人女性の半分近くが更年期障害を起こすとされています。

更年期障害の症状

日本人ではほてり、発汗、動悸、冷えなどが代表的な症状です。
他に、不安、うつ、無気力、疲れやすい、イライラ、不眠、めまい、頭痛、肩こりなども多い症状です。

更年期障害の治療法

更年期障害の発症にはいろいろな因子が影響しますが、基本的にはエストロゲンの低下が必ず関係しています。そのためエストロゲンの補充が一般的な治療法です。
ホルモン補充療法が出来ない方やホルモンを補充しても症状が残る方などには漢方薬や抗不安剤・抗うつ剤を使うこともあります。

更年期の病気

更年期障害の他にも、骨粗鬆症(骨がもろくなり骨折しやすくなる)、高脂血症(体にコレステロールなどの脂肪がたまる)、萎縮性腟炎(腟粘膜があれて、おりものや違和感がでる)、尿失禁(尿漏れ)、認知症(老人性痴呆やアルツハイマー病)なども女性ホルモンが少なくなることによりおこりやすくなることが知られています。それぞれに対して予防法や治療法があります。

日本人女性の平均寿命は86歳と世界一の長寿です。したがって、閉経後も約30年間を健康に過ごさなければいけません。この時期を健康に楽しく生活していけるかは、更年期の健康管理にかかっているのです。

問い合わせ