西宮市の婦人科で不妊治療は、まりウィメンズクリニック
HOME>子宮のお悩み

子宮のお悩み

子宮筋腫

女性のイメージ 子宮筋腫は子宮の筋肉内にできる良性の腫瘍です。筋腫の育つ場所や大きさにより、現れる症状が異なります。ほとんどの場合、経過をみることとなりますが、症状に応じて薬物療法、手術療法が必要になることもあります。

子宮内膜症

子宮内膜症は子宮内膜あるいはそれに似た組織が子宮内部以外の場所で発育してしまう病気で、月経痛などの原因となります。まずは薬物療法を行うことが多いですが、進行した場合は手術療法が必要になることがあります。

子宮下垂・子宮脱

子宮下垂・子宮脱は出産や加齢に伴い、子宮をささえる組織が緩むことで、子宮が腟の方向に下がってくる病気です。自覚症状のない軽度のものは骨盤底筋体操などしながら経過をみることとなりますが、進行した場合には、ペッサリー挿入による整復を行います。

卵巣のう腫

卵巣のう腫は卵巣の内部に液体などがたまる腫瘍です。腫瘍の内容や大きさによっては、手術療法が必要になることもあります。前述の子宮内膜症による場合はチョコレートのう腫とも言われ、薬物療法が可能です。

問い合わせ